Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

雑記

タラウマラ族

タラウマラ族、メキシコ先住民。
↓まずは動画を御覧ください。前半に走っている女性たちがタラウマラ族です。
YouTube - Last Woman Standing - Tarahumara: Mountain Endurance Race - BBC Three
 

一応ここにも載せておきますが、サイズが小さくなっております。



いかがでしょうか、とても体の緩んだ人たちです。
”力強い走り”とか、”苦しさ”とか、無縁な印象を受けます。

体がゆるんでいると、こんなふうに動きに快適な印象を受けます。
整体指導で体が硬い、とか緩んでる、とか言うと、
柔軟性と解釈される方がほとんどなのですが、
そういう意味ではありません。

例えばこのタラウマラ族のように、
動きに柔らかさや、軽快さがあるということなのです。

例えば動画の3秒目あたり。
オレンジ色の女性が岩場をきれいに切り返します。
体が硬直してくると、こういうふうに動けなくなるものです。
7秒目、集団が岩場を駆け下りる姿はまるで野生動物のようです。

私たちがいかに体を固めて生きているのか、
そんなことを思います。

そして全体を通して伝わってくる”明るさ”
生きているってこういうことかな、と思います。


さてこのタラウマラ族、足の速い部族として有名です(長距離)。
トレイルランニングに出場し、ダントツの速さでゴールしたそうです。

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
↑こんな本があるそうです。

図書館で予約したら5人待ちでした。
マイナーな話かと思いましたら、興味をもつ方も多いんですね。
待ってる人たちの興味はなんでしょうね?

ちなみに私の興味・・・

江戸の飛脚のスピードは550キロを二日半〜三日だそうです。
参考はこちらのページ→江戸文化歴史検定

大雑把な計算ですが、
「特急便」の飛脚のスピードはタラウマラ族の倍くらい。
タマウマラ族の姿に飛脚の姿を重ねてみたかったのですが、更に速かったようです。

うーん、ちょっと残念。

  • 2010.08.19 Thursday
  • 23:43

Comment
江戸の飛脚は、山もあったけど平地が多いと思います。
単純な比較はできませんね。
日本でも、日本海から太平洋まで3アルプスを縦断するジャパンアルプスレースというのがあります。 ぜひこれに出場してもらいたな〜
  • skm
  • 2012/10/27 7:39 PM
コメントありがとうございます。
確かに平地の距離が違うでしょうね。
ジャパンアルプスレース、初めて聞きました。タラウマラ族が参加したら、、、興味深いですねぇ。https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012042862SC000/
  • 磯谷
  • 2012/10/27 10:25 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback