Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

整体

鎖骨、のど、腕を使う

JUGEMテーマ:整体
 

鎖骨がつまると、のどがつまったようになります。

もっとも「鎖骨がつまる」という表現は一般的ではありませんので、ちょっと分かりにくいかと思います。

観察上は、明らかに左右の鎖骨の間が狭くなっている、とか
下がっている、とか
可動性が無い、といったことを観ていきますが、これも普通は分からないことです。

例えて言うなら、ちくわの空洞が食道なり、気管なりだとして、外から紐で縛りつけたり、ちくわ自体が硬くなったらどうでしょう?
中の通りが悪くなりますね。

食道も気管も開いたり閉じたりがスムーズであればいいのですが、外が硬くなると何かと難しくなるようです。

ものが飲み込みにくい、のどがいがらっぽい、のど元で咳が出る、タンが詰まる。
人によって症状は様々でしょうが、鎖骨の問題が観られるときは、ここを緩めていきます。
整体操法で緩めることになります。

自分でやる方法としては、体操と蒸しタオルが有効です。


鎖骨がつまる原因としては、汗、腎臓の問題もあれば、腕の負担から来るものもあります。

私はよく美容室を覗くのですが、どんな風に力が掛かっているのか見るのが面白いのです。体の使い方が上手いなあ、と思うこともあれば、苦しそうだなあ、と思うこともあります。

腕の疲労をのどや肺で受け止めてしまうと、咳が出ることがあります。これはわれわれ療術家も気を付けないといけない事です。

夜中に咳が出るようになると、「あ、気をつけなければ」と思います。


ちょっと分かりにくい話になったかもしれません。

腕を使って負担が掛かる瞬間を自覚することがあります。

物を持ち上げようとして、のどがつまる。
呼吸が浅くなるのとは違います。不快な息苦しさを覚える感じです。

軽いと思って引いたドアが、重かった。
思わず「うっ」と苦しくなることがあります。
肺に力が入って硬直しているのを自覚します。
これも呼吸が浅くなるのとは違います。不快な息苦しさを覚える感じです。


とある体操選手数名の、体操中の筋肉の使い方を計測した記録がありました。
一流と言われる選手は動作中に呼吸筋の緊張が少ない、というものでした。

こういうデータを直ぐに鵜呑みにはしませんが、「やっぱりそうか!」と思わせられました。


話は変わりますが、これから薄着の季節になってきます。
いろんな人の鎖骨を見ることが出来ます。

プロのような観察は必要ありませんが、柔らかそうな鎖骨はやはり働きがいいものです。

腕を使う職業の人はもちろん、声を使うような人も、鎖骨が緩んでいる方が仕事がスムーズに運べるようになります。
  • 2008.04.18 Friday
  • 22:55

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback